陸屋根と同じように屋根が一つの面だけで構成されている片流れ屋根は、一方向へと傾斜している形の屋根となっています。
片流れ屋根は、ソーラーパネルの設置面積を大きくとることができますが、設置しやすい傾斜が一方向しかないたので、屋根がどの方角を向いているかによって、太陽光発電システムの発電効率が大きく左右されます。
屋根の面が南側を向いている片流れ屋根なら、太陽光発電システムの設置環境として良いので、発電効率も良くなります。
しかし、屋根の面が北側を向いていると、発電効率は大きく低下してしまうので、太陽光発電システムを導入しても恩恵を受けにくいとされています。
また、陸屋根のように架台を設置してソーラーパネルの方角と傾斜角度を自由に決めることができません。
なので、屋根の向きに大きく左右される片流れ屋根は、屋根が南向きに向いていない限り、ソーラーパネルを設置しないのが一般的とされています。
そして、ベランダを南側に設置する家が多いのですが、この影響を受けて片流れ屋根だと、自然と屋根が北側を向いていることが多くなる傾向にあります。
片流れ屋根に太陽光発電システムを導入する際は、ソーラーパネルの設置面積を大きくとることができるので、四角形型で発電面積が大きいソーラーパネルが適しています。
太陽光発電について詳しく知りたいはこちら⇒家庭用太陽光発電 屋根

関連記事


    今では太陽光発電システムが当たり前になって電力自由化が普及しつつある時代になってきています。 ですがメリットとデメリットがあります。 メリットは自家発電を行なうので年間を通して電気代が非常に安くなると…


    太陽光発電を設置されていない方も既に設置されている方も、「屋根に大きな発電パネルが乗っているのだから、身体には良くないのでは?」と思われている方も多いと思います。今回は、太陽光発電と電磁波についてご説…


    太陽光発電施設というのも、メンテナンスしなければいけないところや寿命というものがあり、ずっと今まで通りにしようができるわけではありません。 施設自体の老朽化によって入れ替えを行ったりしないといけないわ…