今では太陽光発電システムが当たり前になって電力自由化が普及しつつある時代になってきています。
ですがメリットとデメリットがあります。
メリットは自家発電を行なうので年間を通して電気代が非常に安くなるといった点と余った電力を販売できるというとメリットです。
太陽光発電システムは保証もあり今後何十年と電気を買わなくても生活できるのですが、その点デメリットもあります。
デメリットはメガソーラーを設置したら自然が無くなると言う影響があります。
メガソーラーは森林伐採を行いその土地に大規模に設置するので自家発電量は多いですか動物や森林の居場所を無くす事につながります。
その点自宅の屋根に設置する太陽光発電システムは森林や動物への影響はないにしろ、昔に建てた家などに太陽光発電システムを設置するので家に影響が出てきます。
なぜ家に影響が出てくるかと言うと前に建てた家は太陽光発電システムを設置するように設計されていない為、屋根に負担がかかります。
パネルは1枚15キロから20キロあるのでそれを屋根に10枚20枚設計したら150キロから300キロの負担がずっと乗っているわけです。
昔の木造の建物は雨などで劣化しやすく太陽光発電システムの設置で雨漏りの影響も出てきているのが事実です。
なので太陽光発電システムを設置する際は家を建てた設計士に相談したうえ行う事をお勧めします。
気になった方はこちらも参考にしてください。⇒太陽光発電 電力自由化 影響

関連記事


    陸屋根と同じように屋根が一つの面だけで構成されている片流れ屋根は、一方向へと傾斜している形の屋根となっています。 片流れ屋根は、ソーラーパネルの設置面積を大きくとることができますが、設置しやすい傾斜が…


    太陽光発電を設置されていない方も既に設置されている方も、「屋根に大きな発電パネルが乗っているのだから、身体には良くないのでは?」と思われている方も多いと思います。今回は、太陽光発電と電磁波についてご説…


    太陽光発電施設というのも、メンテナンスしなければいけないところや寿命というものがあり、ずっと今まで通りにしようができるわけではありません。 施設自体の老朽化によって入れ替えを行ったりしないといけないわ…