外壁塗装の屋根ペンキを塗る時前には必ず清掃をします。
ケルヒャー高圧洗剤がオススメです。
ワイヤーブラシで掃除をしても汚れがなかなか取れなくて、コケも残ります。
汚れが残っていたら、せっかく屋根にペンキを塗ってもすぐに落ちてくるから、清掃はとても大事です。
屋根ペンキ 塗り方
最初に、塗り方なんですが、ハケで瓶と瓶に間を塗ります。
その部分は雨水が流れる大切な部分ですから、後からペンキを塗り込みます。
手の届く範囲をハケで塗ったらローラーで広い面を塗ります。
屋根フレッシュは、屋根の繋ぎにあるトタン板などの金属にも塗れるので一緒に塗ります。
塗料が乾いた瓶、瓶と瓶の間がくっつかないように、金属でヘラで切り込みを入れて水が流れないようにします。
屋根のペンキの塗り方は難しくはないようです。
しかし、高いところの作業になるので注意が必要です。
次に屋根の塗装に使われる塗料について説明をしたいと思います。
シリコン塗料だと、耐用年数は、10年から13年になります。
特徴は、耐久性や、耐熱性に優れています。
セラミックシリコン塗料は、耐用年数は、12年から15年になります。
特徴は、シリコンセラミック成分を配合しています。
フッ素塗料は、耐用年数は15年から20年になります。
特徴は、価格が高いです。

関連記事


    屋根塗装には、もちろんですが塗料を使用します。 その塗料には、どのような種類があるのかを見ていきたいと思います。 塗料といえども、様々な種類があります。 様々ある中で、現在主流となっているのはシリコン…


    失敗しない外壁塗装業者選びとして、十分な洗浄を行ってくれるのか確認を行っておくと安心です。 外壁塗装では、いきなり塗料を塗るのではなく、あらかじめ壁に付着した汚れを取り除くための作業を行うことになりま…


    どんな家も長く住んでいる内に様々な劣化が生じてきます。 特に外壁は雨や風にさらされるので劣化も早く、定期的に塗装の塗り替えなどのメンテナンスが必要になってきます。 さて、家の外壁の塗り替える際にはまず…


    baby-

    家も年数が経過しますと外壁が古くなり、見栄えが悪くなったと気にしている方もいるのではないでしょうか。 そこで業者に外壁塗装を依頼したいけど、最近では悪徳業者が増えていますのでダマされない方法を探して…