太陽光発電施設というのも、メンテナンスしなければいけないところや寿命というものがあり、ずっと今まで通りにしようができるわけではありません。
施設自体の老朽化によって入れ替えを行ったりしないといけないわけではありますが、太陽光発電の寿命はいったいどれくらいなのでしょうか。
一般的に法定耐久年数は17年といわれており、それ以降のものはげんきゃ焼却されるようになっています。
現在の法定耐久年数ですと、20年内くらいが発電効率の大きな分かれ道の一つとしてとらえるといいでしょう。
また、実際に太陽光発電施設の入れ替えについてはパーツによって異なります。
パネル自体は耐久年数がおおよそ20年から30年くらいが寿命といわれています。
パネル自体の劣化はそこまで速いものではありません。
環境次第では汚れとかが目立ってきますので、環境によっては劣化はもうちょっと早い面もあります。
パワーコンディショナーといわれている部分に関しては交換時期がおおよそ10~15年といわれており、この部分はパネルよりも早いです。
可動部分が多いことなどから、パネルよりも劣化が早いと思われます。
各パーツの入れ替えをしても長くても30年くらいが寿命の目安になると考えられます。
こちらに詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 寿命

関連記事


    陸屋根と同じように屋根が一つの面だけで構成されている片流れ屋根は、一方向へと傾斜している形の屋根となっています。 片流れ屋根は、ソーラーパネルの設置面積を大きくとることができますが、設置しやすい傾斜が…


    今では太陽光発電システムが当たり前になって電力自由化が普及しつつある時代になってきています。 ですがメリットとデメリットがあります。 メリットは自家発電を行なうので年間を通して電気代が非常に安くなると…


    太陽光発電を設置されていない方も既に設置されている方も、「屋根に大きな発電パネルが乗っているのだから、身体には良くないのでは?」と思われている方も多いと思います。今回は、太陽光発電と電磁波についてご説…