気になる口臭を抑制する働きのあるドリンクに、名前があがるのはコーヒーですが、
あまりにも飲みすぎると口の中がカラカラに乾き、
逆に口の臭いの原因となる可能性があります。

第一段階の頃は歯周病を起こす原因菌が歯の表面にこびり付き、
それが発端となって歯ぐきに炎症が生じて赤くなって弱ったり、
ハブラシで歯のブラッシングをすると毎回出血してしまうような症状を起こすのが
歯肉炎の特徴です。

プラークコントロールという言葉からは歯ブラシでの歯磨きを連想する事が
大方だと予測しますが、実際はその他にもバラエティに富んだプラークコントロール
の出番があると言われています。

口内の唾は、酸味の強そうなものや、
美味しそうなものを目の前に置かれただけで出てくるものですが、
じつはむし歯や歯茎の歯周病などを抑制するのに有効なのが唾液です。

歯のカラーはもとから純粋な白色ではなくて、それぞれ違いますが、
大多数の歯の持つカラーは、黄色っぽかったり茶色味が強い色に感じられます。

PMTCが、普通の歯ブラシでの歯のケアでは完璧に落とせない色素の定着や、
歯石とは異なる要らない物質、ヤニなどを驚くほど無くします。

歯のレーザー施術は、虫歯菌をレーザー照射により殺菌させ、
おまけに歯の表面の硬度を向上し、虫歯菌のついた歯になりにくい歯にする事が
できると考えられます。

ムシ歯になる理由は、ミュータンス菌と呼ばれている大元の菌の仕業によるものです。
口腔内にムシ歯菌が出現したら、それをすべて無くす事は特に難度の高い事なのです。

上の親知らずは下に比べて、麻酔の作用が有用なため、
歯を抜くときにも鈍痛が伴うといったことが少なく、痛さに弱い方であっても、
手術は比較的容易に成されます。

恥ずかしい話ですが日本は歯の病気予防の残念なことに後進国といわれ、
欧米人に比べて、実際は日本人の歯の寿命が縮まってきています。
最もそれは歯に限らず病気予防全般についての感覚が異なるのだと思います。

患者への情報開示と、患者が判断した自己意思を軽んじなければ、
それに応じた役割が医者の方へ広くのしかかってくるのです。

ビオラ社のエムドゲイン治療剤を歯周外科で処置する際に付けると、
初めて乳歯が生えてきたような状況とよく似た、
強堅に貼り付く歯周再生の推進ができるようになります。

在宅医療において歯科衛生士が必要とされるのは、
一番には患者さんの口の中を清潔にすることです。
口内が汚れていると、菌が増殖した不衛生な歯のカスを飲み下すことになりかねません。

口の中の状況と一緒に、口以外のパーツの気になる点も盛り込んで、
歯医者さんとぬかりなくお話してから、インプラント術をお願いするようにしてください。

糖尿病という側面で判断すると、歯周病という病のために血糖値の制御が至難になり、
それが引き金となり、残念ながら糖尿病が悪くなることを引き起こす恐れがありえるのです。

ある日突然来る、あの衝撃的な痛み

朝、起きてみてなんとなく顎や頬に違和感を感じる。
ほんのわずか口を開いてみると…

「痛いっっ!!!!」

顔がゆがむほどの痛みが顔の両側に走る。
それでも無理して開け続ければ
言葉では言い表せない程の激痛が。

または痛みはそこまでではなくても、
口を開閉すれば“ポキポキッ”という音もする。

あまりにもショッキングな出来事に、初めての時には
何が起こったのかわからず怖くなったという方も多いかもしれません。

これこそ「顎関節症」と呼ばれる症状です。
一体、何がどうなるとあんなにも痛いのでしょうか。

顎の違和感や痛みに襲われることは決して珍しいことではありません。
実は、長い人生の中で2人に1人は経験したことがある
と言われているほどポピュラーな症状です。

甘く見ると怖い! 顎の痛みの原因はさまざま

これだけ多くの人々が経験する痛みですから、
顎関節症とは何なのか、またどの診療科で診てもらえば
よいのかを知っていて損はないでしょう。

患者さんの割合としては、一般的な男女比で見ると20~30代の
女性に多く見られます。

原因は、噛み合わせによるものであったり、
くいしばりや歯ぎしり、噛み合わせが悪いなど
個人差はありつつも耐久の限界が訪れたときに発症すると考えられます。

現代人は食事を含めた生活習慣によって、顎の骨が強くないと
言われています。
柔らかい食べ物や加工品の影響もあり、噛む力をつけることが
難しいのかもしれません。
ほんの少し意識をして、しっかり噛めることは
脳への血流を促し、集中力にも影響します。
顎の筋肉を鍛えれば噛みしめる力もつき、
平衡感覚もしっかりとしてケガの防止にもつながります。

顎関節症は歯医者さんで治ります

さて、上記のような原因で起こる顎関節症状ですが、
もっと詳しく知っていくと、実に日常的に私たちが行っている
行動が含まれていることがわかります。

・ストレス
仕事や人間関係のトラブル、金銭的な悩みなど、
現代社会においてストレスはつきもの。
精神的にいつも緊張した状態が続いて、いつも苦痛を
味わっている場合は自分で気づかないうちに
歯を強く食いしばっている可能性があります。

・偏咀嚼(へんそしゃく)
どちらか片方だけで食べ物を噛むクセがついている場合も注意が必要です。
左右バランス良く、しっかりと同じ力で噛めることが
健康面から見ても非常に大切です。

・日々必要な“食いしばり”=ブラキシズム
集中力を要する状況はいろいろとあります。
ゲームなどの競技で真剣にじっと考える時間が続いたり
スポーツの練習でぐっと噛みしめること、
また仕事で重い物を持ち上げる場合も食いしばりが起こります。
これらのくいしばりや歯ぎしり、歯をカチカチと鳴らす
ことを「ブラキシズム」と呼びます。

・噛み合わせの影響
歯科医院でメンテナンスや虫歯予防をする際にも
大切にしている項目は噛み合わせです。
もしも噛み合わせが悪いと、しっかり噛めない上に
顎にも負担がかかってブラキシズムや偏咀嚼の原因にもなるのです。

・姿勢・体勢によるもの
近年多いのは、スマートホンやタブレット機器を楽しむ際の姿勢です。
猫背や布団などにうつ伏せのまま画面を見続けていたり、
あごに不自然な状態で電話を挟むこと、
頬杖をついたり片方の腕で頭を支えながら横になるなど
無理な恰好で長時間過ごすことは顎にかなりの負担がかかります。

いかがでしょうか。
ひとくくりに顎関節症といっても、原因はこれだけあります。
また日常生活を送る中でもその原因がたくさん潜んでいるんですね。

もしも痛みが強く1週間以上続いているようであれば
すぐに歯科を受診してみましょう。

顎関節症気になる方は、こちらも参考になります。→顎関節症

関連記事


    歳を重ねるとふと鏡で自分の歯を見てみると、なんて汚いんだと愕然とショックを受けた方はいると思います。 歯は黄ばみ、歯石は付き、歯茎が紫…。 いかにも臭そうな口の中を見てやばいと思った方もいると思います…


    口が臭い人っていますよね…。 あまりにも臭いとちゃんと歯磨きをしろよっで思ってしまいます。 口が臭いと周りから敬遠されてしまいます! 最近になるとスメハラという言葉もできる位、現代人は他人の匂いに敏感…