ビオラ社のエムドゲイン薬を歯周外科治療の施術中に付けると、最初の歯が生えた時の様子と同様の、頑丈に固着する歯周再生の進展が不可能ではありません。
キシリトールの成分には虫歯を食い止める効用があるとした研究の結果発表があり、それからというもの、日本はもちろんの事世界中の国々で盛んに研究が続けられてきました。
歯科で使われるカリソルブは、簡単に言えば「サイエンステクノロジーで虫歯になっている患部だけを集中して溶かす薬」です。その際、虫歯ではない歯の領域には全然影響のない安全な薬剤です。
歯の表面であるエナメル質にくっついてしまった歯垢や歯石等の汚れを除去するのを、クリーニングと言いますが、さきほど述べた歯石と歯垢などは、虫歯の病理となるようです。
永久歯に比べ乳歯は、歯のエナメル質や象牙質等の分厚さが約半分にも満たないのです。ことさら再び歯を石灰化する力も未熟なので、むし歯を起こす菌にひとたまりもなく溶かされることがわかっています。

歯科衛生士が在宅での医療において必要とされるのは、先に患者さんの口の中を清潔にすることです。患者の口腔内が汚れたままだと、雑菌が増殖した歯のカスを飲み込む事になりかねません。
たとえ歯のホワイトニングを受けない場合であっても、歯のヒビをそのままにしておくと、象牙質が傷み、冷たい外の空気や冷たい食べ物が触れるだけで痛みが走る場合があるといわれています。
診療機材といったハードの側面においては、現時点の社会から要望される、自宅訪問する歯科診療の役割を担う事のできるレベルに届いているという事が言えるとの事です。
口の中が乾燥するドライマウスというのは、ストレスのせいで発症してしまうのも多々あるので、これから先の社会では、忙しく働く世代の男性にも症状が出現する可能性はかなりあります。
専門的な話をすれば、むし歯は、むし歯菌が歯を溶けさせる進み具合に、歯の再石灰化機能(溶け出た歯を前の状態まで戻す働き)のペースが落ちてくると罹ることになります

入歯や差し歯に対して抱かれる印象や偏見は、自らの歯との使い心地と比べるために、期せずして大きくなっていくためだと考えられます。
口の開閉が起こす筋肉の緊張をゆるめ、曲がってしまった顎関節の中の方を正常に戻すトレーニングをしたり、顎関節の動きをより改良するリハビリをやってみます。
広がってしまった歯周ポケットという歯と歯茎の隙間には、不潔なプラークが非常に溜まってしまいやすく。そこでたまってしまった際は、歯のブラッシングだけおこなってみても、取りきれません。
いつのまにか歯に付く歯石は、プラークと質が違って硬質であるが故に、毎日の歯磨きで取り去るのが大変になるばかりか、不都合なことに細菌の増えやすい場所となって、歯周病を引き起こします。
審美歯科においては、表面的なキレイさばかりでなく、歯列や噛み合わせの修整によって、そうすることでもともと歯牙が持っている美しさを蘇らせることを探っていく治療方法です。

関連記事


    歯科医師による訪問診療の治療は、医師による処置が一通り済んだ後も口の中のケアのために、定期的に何回か担当の歯科衛生士達が、お邪魔させていただくことが多くありうるのです。歯のエナメル質に引っ付いた歯垢や…


    歳を重ねるとふと鏡で自分の歯を見てみると、なんて汚いんだと愕然とショックを受けた方はいると思います。 歯は黄ばみ、歯石は付き、歯茎が紫…。 いかにも臭そうな口の中を見てやばいと思った方もいると思います…


    口角炎の理由のなかでももっとも移りやすい環境は、子供から親への接触感染だと思われます。なんといっても、親子愛もあって、絶えず近い状態にあるのが一番大きな理由です。普及している義歯の問題点をインプラント…


    長期にわたって歯を使うと、歯の表層のエナメル質は段々と消耗してしまって弱くなるので、なかの象牙質自体のカラーが密かに目立つのです。永久歯と違って乳歯は、歯の象牙質やエナメル質の厚みがおよそ半分位しかな…


    今までの義歯の悪い点をインプラント施術済みの義歯がフォローします。ぴちっと貼り付き、お手入れの楽な磁力を採用した品も作れます。インプラントというのは、従来と一緒で、食事をとるときも健康な歯と同様に快適…